簿記・会計関連講座・コワーキング・貸し教室のことなら簿記カフェ

お電話でのお問い合せ 0742-81-9528

用語集

貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)

貸借対照表は決算日時点の財政状態(財産の状態)を明らかにする財務諸表です。借方(左)に資産の勘定科目を記載し、貸方(右)に負債と純資産の勘定科目を記載します。
資産は金・モノ・権利を表す勘定科目、負債は義務を表す勘定科目、純資産は店主が投下した元入金や利益の留保額を表します。

貸借対照表
貸借対照表

損益計算書(そんえきけいさんしょ)

損益計算書は会計期間の経営成績(もうけ)を明らかにする財務諸表です。
借方(左)に費用の勘定科目を貸方(右)に資産の勘定科目を記載し、その差額で利益又は損失を計算し1年間にどのような理由でどれだけもうけたのかを把握することができます。

損益計算書
損益計算書

通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)

通過代用証券は通貨(貨幣・紙幣)ではありませんが金融機関に持参することですぐに現金化することができるので簿記上は現金として取り扱う証券です。
簿記検定試験では①他人振出小切手②支払期日が到来した公社債利札③配当金領収書④郵便為替証書⑤送金小切手は現金に読み替えて仕訳をしましょう。

他人振出小切手(たにんふりだしこぎって)

他人振出小切手は言葉のとおり他人が振り出した小切手を言います。
取引先が振り出した小切手です。
イメージして下さい。
あなたがA商店に商品を販売し、代金10万円を小切手で受け取りました。この小切手10万円は現金のかわりに代金の支払いに使うことができます。厳密には現金じゃないけれど現金のようなもの!「他人振出小切手」「先方振出小切手」「同店振出小切手」とあったら現金勘定で仕訳をします。

小切手(こぎって)

小切手は、現金にかわる支払手段です。
高額な支払の場合や、遠隔地の相手に対する支払をする場合には、現金を送金すると盗難などの危険性があるので、このような場合には小切手を使います。
小切手は受け取った人が銀行に持参し、自分の預金口座に預け入れてもらうか、現金化してもらいます。銀行は、現金を支払うべき人(振出人)に代わって、小切手を持参した人(持参人)に支払をしてくれますが、振出人の当座預金口座から小切手に記載された金額を引き落とします。

お電話・FAXでのお問い合せ先

簿記カフェ
お問い合せフォーム
〒631-0827 奈良市西大寺小坊町1番6号 西大寺ビル4F
簿記を気軽に学びたい方はお気軽にお問い合せください。
  • お電話でのお問合せはこちらから 0742-81-9528
  • FAXでのお問合せはこちらから 0742-81-9528